Ciseaux de Tailleur

ミクスチャーと、女性の美しさと。

2019/02/07

私は、お洋服を創るときに
意識していることがあります。

それは沢山のイメージを持ちながら
お洋服に向かうということ。

女性=女性服をイメージすると、
まず思い浮かべることは、多様性、そして、寛容性。
女性には、
あらゆる可能性がある事を思い浮かべながら、
創っていくのです。

そのあらゆる可能性を秘めている女性の中で、
ciseaux de tailleur.が望む、「女性像」を
いくつも服の中に落とし込み、
散りばめる事を大切にしています。

可愛いは、重要(アジアの女性にとっては特に)
でも、それだけでは…。
可愛いを基本に、
そこへ付随する沢山のイメージを盛り込めるように
イメージを仕上げていきます。

それを、具現化して実際に形にする事。
この工程には、
苦労と苦しさしかありませんが、
それが形になった時、
誰にも訪れる事のない、
私だけが得られる、
スペシャルな高揚感があります。

服を創る事が、私の生活で、
ほかには変え難い喜びがあるから、
この世界に居続けることができている・・・

20年という年月をを超え、そう、ふと思います。

女性には、あらゆる可能性を秘めています。
それは、
この世界のあらゆる困難を乗り越えてきた事実として、
時代に証明されています。

世の女性が、「それ」を沢山、体現して欲しい。

その衝動が、「服を創りたい」とゆう
原動力になってきていると思っています。

これからも、まだ出会っていない、レディーに
出逢えることを、心から願って…。